スーツのお手入れには欠かせない!4つの道具

スーツをお手入れする時にあると便利なものは?

スーツは毎日洗うことが難しいため、綺麗で清潔に着こなす為には自分でお手入れをする必要があります。

スーツのお手入れをする時に、必要なもの、便利なものを紹介していきます。

ブラシ

スーツは頻繁に洗うことができない為、特別なことをしていなくても埃やゴミがついてしまいます。

そんな時に、手間をかけずに綺麗にできるのがブラッシングです。

ブラシをかけることによって、スーツに付着している細かい埃などを払い落とし、綺麗にすることができます。

ブラシにも色々な種類がありますが、使われている毛によって、それぞれに特徴があります。

化学繊維で作られたブラシより、馬・豚毛を使った天然ブラシの方が静電気が起きにくいといった特徴もあるので、どんなブラシがスーツにとって良いかを考えながら選びましょう。

豚毛ブラシ

馬毛ブラシより、若干毛が硬いのが特徴です。

スーツに利用するのは問題ありませんが、シルク、カシミヤなどの衣類に利用すると生地を傷めてしまう可能性があるので注意が必要です。

馬毛ブラシよりは安価で手に入る傾向があります。

馬毛ブラシ

柔らかく、毛が細い為、スーツについた埃をとるのに適しています。

毛の細さを生かして、細かな汚れがとれるため、スーツを綺麗にする目的で使うとなると、馬毛を好んで使っている人も多いです。

スチームアイロン

スチームアイロンは、アイロンから出る蒸気によって、スーツについてしまったシワを取り除くことができます。

アイロン本体を直にスーツに当てると生地を傷める原因になってしまう為、スーツにはスチームだけを浴びせるようにします。

特にシワができやすい、肘や膝、背中の部分に重点的にスチームを当てましょう。

スチームアイロンは、スーツをハンガーにかけたまま使用することが可能なので、時間と手間をかけずに手軽にアイロンがけができます。

また、スチームアイロンには消臭効果もあるため、デオドラントを使いたくない人にもオススメです。

霧吹き

夏場などは頻繁に汗をかくため、スーツにも汗ジミがつきやすくなります。

特に襟や脇の部分は汗がシミになりやすいので、そういった箇所には霧吹きで水をかけ、タオルで軽く叩くようにしてシミを抜きます。

汗ジミが目立つようならクリーニングに出すのが一番ですが、霧吹きを使うだけでも変わるので、小まめにお手入れするようにしましょう。

消臭スプレー

スーツには、汗、タバコ、居酒屋の臭いなど、様々な臭いがついてしまいます。

臭いは放って置いて取れるものでは無いので、クリーニングに出すか、自ら消臭をする必要があります。

消臭スプレーにも色々な種類がありますが、男性の場合、なるべく無香料の物を選ぶことをオススメします。

良い香りを選んでも、その臭いと既にスーツに染みついてしまった臭いが混ざり合ってしまい、結局消臭にはならない場合が多いです。

そのため、香りをつけることを目的とした物よりは、消臭メインでかつ無香料のものを使用します、

スプレーを吹きかける時は、外気に触れるスーツの外側はもちろん、着ている時に密着し、汗などを吸収しやすい、上着の内側にも忘れずにスプレーしましょう。