スーツを自宅で保管するコツは?陰干しが重要

スーツにとって保管方法はとても大切!

スーツは繊細な服の為、適当な保管をしておくとすぐにカビや虫食いが発生し、スーツの寿命を縮める原因になります。

スーツに合った保管方法を学んで、お気に入りのスーツを長期的に着用できるようにしましょう。

スーツに合ったハンガーを選ぶ

スーツを自宅で保管しておく時に、ハンガーにかけると思いますが、そのハンガーがスーツに合っているかどうかは、スーツの寿命を決める重要なポイントです。

スーツ購入時に付属していたハンガーを使うのでは無く、木製のスーツ用ハンガーを使用するようにしましょう。

スーツの型に合ったハンガーを使うことによって、ショルダーラインがしっかりと伸び、型崩れの心配がありません。

また、プラスチックではなく木製のハンガーを使うことによって、スーツの汗、湿気などを吸収してくれるため、湿気対策にもなります。

スーツはビニール袋に入れて保管しない

スーツをクリーニングに出すと、ビニール袋に覆われて返って来ることがほとんどですが、袋をそのまま付けて置くと、スーツを傷める原因になってしまいます。

ビニール服は、あくまで自宅に持って帰るまでに、埃や汚れが付かないようにする為の一時しのぎの物であって、長期保管には適していません。

袋のままクローゼットなどに仕舞っておくと、通気性が悪いためスーツがカビてしまう可能性があります。

クリーニングから返ってきたスーツは、まず袋を外し、風通しの良い場所にしばらく干して置くことをオススメします。

スーツは定期的に陰干しする

スーツは湿気に弱く、クローゼットの中に長期保存したり、ビニールなどを被せたまま放って置くと、カビが生えたり、虫食いが起こってしまいます。

陰干しをすることによって、スーツの通気性を良くし、湿気などの水分をとばして生地が傷む原因を解消できます。

日光には直接当てずに、家の中、もしくは外の日陰の場所に干します。

家の中に干す場合には、湿気をとばす為にも風通しの良い場所を選ぶのがポイントです。

また、陰干しに必要な時間も、着用後すぐや、クリーニングから返却されたものなら一晩程度、クローゼットに仕舞って置いたものなら3時間程度と異なるので注意が必要です。

着用していないスーツでも、定期的な陰干しをすることによって、スーツの寿命を延ばすことができるので、習慣化していきましょう。