はじめまして、真葛です 
 

  管理人・真葛とは??=泉美咲月(いずみ・さつき)
  


 星座 双子座  動物占い ペガサス 晴明占い 松柏 血液型 O型
 座右の銘 初心忘れるべからず 思い立ったが吉日

 ハンドルネーム・真葛 (まくず) maczu
 サイト・天守茶屋デビューの際にハンドルネームを自ら真葛と命名。
 真葛とは夢枕貘原作 岡野玲子画の「陰陽師」に登場する謎の美少女。
 単純に贔屓の菊之助丈が「陰陽師」を舞台で演じるならば
 真葛役をやって欲しいなぁという単純な動機で名付けた。

 伝統芸能を愛するクリエーターとして、
 また、菊之助丈を応援する一贔屓として、伝統芸能ファン交流サイト「月読」2001年開設。
 尚、泉美咲月個人で、maczu:Cafeを運営している。


   maczu:Cafe 泉美咲月の気ままな生活

 maczu:Cafeブログ → http://ameblo.jp/maczucafe
 

 生業
 フォト&ライター/エッセイスト 兼 書籍プロデューサー

 〜伝統芸能と私〜
 幼少時より歌舞伎・狂言に興味を持ちつつ成長。
 子供の頃からの憧れの歌舞伎役者は、坂東玉三郎丈と片岡仁左衛門丈

 ライター業を開始したのを機に伝統芸能を生涯のテーマと勝手に決意。
 95年より狂言師・和泉元彌氏を取材開始。同時に歌舞伎へと傾向する。

 99年、以前より関心のあった五代目尾上菊之助丈の「京鹿子娘道成寺」(浅草公会堂)をテレビで観劇し感電。
 その後、3月歌舞伎座の「天守物語」の亀姫役のお姿を拝見して崩壊、贔屓と自覚する。
 以後、菊之助丈の舞台三昧を重ね
 00年1月の新橋演舞場「弁天娘女男白浪」の白浪五人男の花道の名乗りを間近で拝み、取材を勝手に決意し今日に至る。

 言うなれば、思い込んだら命がけの女である…。

 〜伝統芸能の執筆記事〜
 狂言
 ●「メイプル 00年12月  
 和泉元彌インタビュー 6ページ
 ●「OZマガジン」 00年12月 
 和泉元彌インタビュー 2ページ

 歌舞伎
 ●「シネマスク」 00年8月 
 尾上菊之助インタビュー 3ページ 
 付属ピンナップポスター CD-ROM映像&情報
 ●「レプリーク」 01年8月
 尾上菊之助インタビュー 2ページ
 ●「シュプール」“アナ・スイといく初めての歌舞伎”
 ゲスト・尾上菊之助 01年12月 7ページ
 ●「東京カレンダー」 02年2月 
 市川猿之助インタビュー 2ページ
 ●「東京カレンダー」 02年3月 
 市川染五郎インタビュー 4ページ
 ●「シナリスト」 03年5月
 市川猿之助インタビュー 2ページ
 ●「レプリーク」 03年9月
 尾上菊之助インタビュー 4ページ
 ●「E」エンタテイメントマガジン 03年10月
 中村七之助インタビュー 4ページ
 ●「E」エンタテイメントマガジン 03年11月
 中村獅童インタビュー 11ページ

 
●『自分時間』 05年3月
 坂東三津五郎インタビュー 3ページ

 
<2009年春、久々に歌舞伎関連記事再開しました>
 
●『婦人画報』 09年3月
 
オールスター全員集合! 歌舞伎のみかたが変わります
 巻頭コラム『壇上のオールスターに迫る なぜ?なに?の嵐』


 他、菊之助丈デザイン&カラーセレクションのメガネフレームの企画コーディネート等。

 
 筆名 泉美咲月
(イズミ・サツキ) 2003/05/31前筆名より改名

 

 女性誌や企業記事執筆企画・書籍企画、ムック、舞台筋書き(パンフレット)、webなどで活動。
 きもの 英のHPにて「神楽坂カフェ案内」を掲載中。

〜著書〜
 ■2005年8月2日
 情報センター出版局 『台湾カフェ漫遊』 
 撮影:アイビー・チェン 文:泉美咲月
 ■2009年5月18日
 河出書房新社 『京都とっておき和菓子散歩』
 写真・文:泉美咲月 監修:宮澤やすみ
〜撮影・制作書籍〜
 ■2006年6月6日
 ゴマブックス 『シナココALOHA!』
 著者:川島なお美 撮影:泉美咲月




 〜制作書籍〜

 ■2001年6月4日
 和泉流20世宗家和泉元彌著
 「狂言・Pulse〜和泉流二十世宗家 和泉元彌の世界〜」
 豪華限定本がソニーマガジンズより発売。
 ■6月30日同書、軽装判全国書店にて一般発売。
 ■2003年11月21日発売
 扶桑社刊 中村獅童初写真集『Shidou』撮影:桐島ローランド
 ■2004年7月30日発売
 扶桑社刊 川原亜矢子著『ソレイユ・トラベル(+トーモイ)』
 ■2004年9月30日発売
 扶桑社刊 岩井俊二著写真集『花とアリス寫眞舘』





文章・画像の無断転記・使用は固くお断り致します。




(c) 2001-2007 真葛@泉美咲月 All rights reserved
webmaster@tsukuyomi-club.com
月読 TSUKUYOMI
月読 プロフィール