スーツのシワ取りにオススメな方法!便利なグッズも紹介

スーツにシワ取りは簡単にできる

スーツは、なるべくシワにならにように気を遣っていてもシワのできやすい衣服です。

スーツはシワがあるだけで、だらしなく見えてしまう他、シワをそのままにしておくことはスーツの寿命を早めることに繋がります。

スーツを長持ちさせるには、自分でシワ取りを小まめに行う必要がありますが、シワを取るのはそれほど大変な作業ではありません。

アイロンをかける

スーツのシワを取りたいなら、一番有効な方法は、やはりアイロンがけです。

しかし、手間と時間がかかるので、毎日スーツにアイロンをかけるのは大変なことです。

余裕がある時は、アイロンがけをし、時間がない時には、スチームアイロンを使って、蒸気でシワを伸ばす、など上手に使い分けましょう。

シワ取りスプレーを使う

スーツは、霧吹きやスチームアイロンの蒸気を吹きかけることによってもシワが取れますが、スーツ専用のシワ取りスプレーを使うことによって、短時間で楽にシワをなくすことができます。

ジャケットやパンツの目立つシワに吹きかけ、シワを伸ばすように生地を引っ張り整えます。

しばらくすると、シワがほとんど目立たない状態になっています。

アイロンがけや、クリーニングができない時に、シワ取スプレーを使うだけでも、スーツの見栄えは格段に良くなります。

ただし、シワ取りスプレーは頑固なシワには効かないこともあるので、そのようなシワにはスチームアイロンなどを使用することをオススメします。

浴室に干して置く

出張先などで、アイロンも霧吹きも無い時にシワ取りに使えるのが浴室です。

自分がシャワーを浴びた後などに、スーツを浴槽の上にある引っ張り棒にかけておくと、浴室の蒸気が、スチームアイロンの蒸気と同じ役目を果たしてシワを改善してくれます。

また、シャワーでなく、浴槽にお湯を張っておいても同様の効果が得られます。

30分程浴室にスーツを干したら、風通しの良い場所に移動させて手でシワを伸ばします。

お風呂がある所でならできるシワ取り方法なので、急な出張でスーツのお手入れ道具がない時には利用して下さい。

ヘアーアイロンを使う

ヘアーアイロンは、本来髪の毛のセッティングをする為に使うものですが、シワを伸ばすことを目的とする場合には、通常のアイロンと同様の効果が得られます。

シワになっている部分をヘアーアイロンで挟み、シワが伸びるように上から下へ動かします。

直接生地にアイロンを当てずにハンカチや当て布でワンクッション置いてスーツにかけるようにしましょう。

ドライヤーを使う

スーツのシワになっている部分に、ドライヤーで軽く熱風を当て、シワを伸ばします。

ドライヤーが近すぎると、熱で生地が傷むので、10センチほど離した状態で風を送り、シワが伸びたら冷風に切り替えて、生地がシワの形状に戻るのを防ぎます。

ドライヤーは基本的にどこのホテルにもあるので、出張先などでのシワ取りの際にも利用できます。